top of page

腰痛について


重たい物を持ち上げた時などに痛めるぎっくり腰や、生活習慣などが原因となる慢性化した腰の痛み。おそらく多くの方が経験しているのではないでしょうか?60~80%の人が人生で腰痛を経験すると言われています。


日本全国で、日本人の約3000万人が腰痛症に悩んでいると推計されています。特異的腰痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、圧迫骨折など)と呼ばれる整形外科等で診断がつくタイプの腰痛が15%、残りの85%は非特異的腰痛と呼ばれ原因が特定できていないとされるタイプです。しびれ等の神経症状がなく、レントゲンやMRIなどの画像検査をしても痛みの原因が特定できない腰痛の事を言います。この非特異的腰痛は筋膜や関節包、靭帯などの軟部組織に問題が起こっている事がほとんどで、軟部組織は私たち徒手療法家と呼ばれるセラピストが得意とする分野です。


非特異的腰痛の原因は生活習慣に関連している事が多いとされています。仕事上での長時間の立位作業、不自然な姿勢、デスクワークなど長時間同じ姿勢を続ける作業などで、腰に筋肉疲労が蓄積し腰痛をきたします。また中腰での作業、重い物を持ち上げる運搬作業での腰痛も多くみられます。こういった原因により腰まわりの筋膜が慢性的に炎症、癒着をし、筋肉の弱化を引き起こします。負荷がかかった場合には筋筋膜繊維が損傷を起こす場合もあります。また私たちは腕を前にしてする作業が多いため、背中側が慢性的に引き伸ばされ、リンパの停滞、血流の循環が停滞します。これにより腰にまでつながる筋膜が炎症を起こし、腰痛をさらに悪化させてしまいます。


内臓の病気で腰痛を起こすケースもあります。慢性膵炎(chronic pancreatitis)、腎盂腎炎(chronic nephritis)、尿路結石 (kidney stone disease, urolithiasis,)、慢性十二指腸潰瘍 (chronic duodenal ulcer)、子宮内膜症 (endometriosis)、腹部大動脈瘤 (abdominal aneurism)などがあり、腰痛全体の約2%とされています。この内臓性の腰痛は専門の医療機関で検査を受ける事が重要です。当クリニックでは初回の問診、検査時に内臓性の可能性がみられましたら、専門の医療機関へ行く事をお薦めしています。


非特異的腰痛の場合、多くは予防や施術による回復が可能です。骨格の調整、筋バランス調整、筋膜リリース、テーピングなどが効果的です。疲れを感じたり、痛みを感じましたら悪化させる前に、お気軽にご相談ください。






7 views0 comments

Recent Posts

See All

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page